乾燥肌の原因:加齢による水分保持力の低下

乾燥肌になってしまう原因として加齢の影響も無視できません。


赤ちゃんや子供のお肌を見れば分かるように、たっぷりの水分を含んでいるお肌はふっくらしており、とてもみずみずしい肌状態です。 しかし、加齢とともにお肌の水分を保持する力が低下していくため、肌は萎み、同時に乾燥するようになってしまいます。


また、乾燥状態が強くなると敏感肌の症状もでてくるので、30歳付近になると乾燥性敏感肌になる人が増えます。


こうした加齢による肌の乾燥を防ぐためには普段からのスキンケアが大切になりますが、ここでのポイントは加齢によってどんどん減少してきてしまう保湿成分を補ってあげるということです。 具体的にいうとセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどがありますが、こうした保湿成分を含む基礎化粧品は保湿効果が高いので積極的に取り入れたいもの。


特にセラミドは肌のうるおいの要となる成分なので乾燥肌には必須の保湿成分です。


セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど肌内部で水分を保持してくれている成分が減ってきてしまうといくら外から水分を与えてところで 水分を蓄えることができないのですべて蒸発してしまいます。乾燥肌に補うのは水分ではなく保湿成分だということは徹底するようにしましょう。

乾燥肌の原因:生活習慣(睡眠不足、栄養不足)

肌トラブルをなんとかしようと思ったらスキンケアだけでは不十分です。


スキンケアの効果というのは実は身体の状態に左右されます。どんなに有効成分を肌に補給しても例えば、肌の材料となるタンパク質が偏食やダイエットなどによって 不足していれば肌の状態がよくなるわけがないですし、同じことが血行不良や睡眠不足にもいえます。


特に睡眠不足の影響は深刻で、5時間未満の睡眠や日付が変わってから寝ているという場合、明らかに肌の再生や修復に影響がでるので乾燥肌の直接的な原因になっている バリア機能の修復にも多大な影響を及ぼすといわれています。というように生活習慣が乱れていると肌状態を良くする事は難しいということです。


生活習慣の乱れから身体全体の機能が低下したり、栄養不足が起こると体はそのメカニズムとして命にかかわる臓器や組織を優先して守ろうとするので肌の新陳代謝や 肌への栄養補給というのは後回しにされてしまいます。当然、乾燥肌の改善も遅れに遅れてしまうというわけです。


きちんとした生活習慣が土台にあってこそのスキンケアです。まずはしっかりと寝て食べて身体の調子を整えましょう。


加齢で減少したセラミドを補う! セラミド配合の保湿クリーム<Best3>
Copyright © 2013 決定!乾燥肌向けの保湿クリームランキング【顔用】<Best3>· All Rights Reserved·