乾燥肌の原因:洗いすぎ

乾燥肌が悪化すると肌のかさつきやツッパリ感だけでなくかゆみやかぶれなど敏感肌の症状がでてきてしまいます。 かゆみなどはひどくなると夜も眠れないなどアトピー性皮膚炎のようになってしまうのでステロイドなど強力な薬を使って治療することにもなりかねません。


そんな事態を避けるためにも乾燥肌は無視することなくしっかりと対策をしなければいけません。乾燥肌を改善するためにはスキンケアが必要になりますが 効果的なスキンケアを行うととも、まずなぜ乾燥肌になってしまったのか原因を追求して把握しておく必要があります。


乾燥肌になる原因はいくつもあるのですが、一番の理由はクレンジング剤と洗顔料の洗浄力が強すぎるというもの。


メイク落としのため、それからスキンケアの基本として毎日クレンジングと洗顔をしていると思いますが、その際に脱脂力の強い洗顔料やクレンジング剤を使って いるとお肌に必要な皮脂やうるおい成分までまで奪ってしまい、その結果、肌が乾燥するようになってしまうんです。


特に影響が大きいのはクレンジングです。クレンジングでは油っぽさが顔に残らないようにと洗浄力の強いメイクがよく落ちるものを好んで使っている人もいると思いますが、 油分がよく落ちるというのは皮脂やうるおい成分(=油溶性)もよく落ちるということですから肌の乾燥がより進んでしまうんです。

乾燥肌の原因:保湿ケアが疎かになっている

肌が乾燥しないようにしっかり保湿としているという場合であっても、その方法が間違っていたり、全然保湿できていないということであれば、 それがまた肌が乾燥を助長してしまっているケースがあります。


気をつけたいのは、乾燥肌でもインナードライというケースです。


インナードライは肌の表面はむしろ皮脂が多くベタつくぐらいなので乾燥しているようにはみえないのに肌の内部は乾燥している状態のことです。 Tゾーンは脂っぽいのに、頬や目元などが皮脂腺が少ないところは乾燥して毛穴が目立つなど皮脂腺の多い部分と少ない部分の肌状態に大きく開きがあるときは インナードライである可能性があります。


このインナードライもそうですし、夏場などは乾燥した感じがないので、保湿も化粧水だけでささっと済ませてしまいがちなんですが 肌の奥は乾いてしまっているのでスキンケアで肌の保湿をしっかり行うことが大事です。


肌がベタつくぐらい皮脂の分泌が多いという場合、実は肌内部が乾燥しているからそれを防ぐために肌が自衛反応として皮脂の分泌量を増やしているケースがあります。 オイリー肌だと思っている人が実際は乾燥肌だったということは本当によくあるので自分の肌質を間違えないことは保湿ケアにおいて凄く重要だということです。


保湿は化粧水だけでは満足いくケアができません。美容液そしてクリームを使ってしっかり保湿成分を与えるケアが必要です。 美容液やクリームを使っても保湿力が弱い有効成分のものを使っていては乾燥状態は良くなりません。セラミドなどの保湿力が高い有効成分を配合しているものを選びましょう。


セラミド配合をチェック! 乾燥肌向けの保湿クリーム<Best3>はコチラ
Copyright © 2013 決定!乾燥肌向けの保湿クリームランキング【顔用】<Best3>· All Rights Reserved·